樹海の巣:新テーマ立ち上げのご案内




いつも拙いブログにご訪問をいただきまして、厚くお礼申し上げます。



この度、「樹海の巣」という新しいテーマを立ち上げることになりました。



今までの「樹海」のテーマと何が違うのかということですが、お伝えする手段が違うだけで、基本的には同じです。



ではどういう手段なのかということですが、樹海で起こっている生と死のサイクルを、女性モデルと骸骨のかたちに

置き換えて、生と死の抱擁という人間の感性に近いかたちで翻訳したものです。




樹海へ足を踏み入れると、隠微な虫達がいつまでも体に纏わり付いて、離れないでいます。



私たちも樹海に生きる動植物と同じように、腐敗する肉体を持っており、樹海を歩けば死と再生のサイクルに自然と
組み込まれていきます。




「樹海の巣」の主なテーマは、生と死、再生となりますが、その具体的なかたちの一例として、骸骨と裸婦の抱擁と
なります。



不気味な描写かもしれませんが、肉体的で性的な描写をすることが目的ではなく、肉体を通して内面的なところまで
落ちていき、生と死が抱擁し合うことが主なテーマです。



つまり、肉体はこのテーマの内面的な部分へ落ちていくための、通り道であるということです。




霊的な世界など、写真で表現できるはずもありませんが、その入り口までならお伝えすることが出来るかもしれません。






最後に、このテーマを形にしてくださるモデル様に、心からお礼申し上げます。






e0292373_21260710.jpg






e0292373_21260443.jpg







[PR]

# by fideal | 2018-04-26 00:00 | 写真 | Comments(0)